イギリス イングランド・オックスフォード (England, Oxford) No.6

久しぶりにオックスフォード話題ですが、オックスフォードには本当に歩いてて楽しい雰囲気、お店、景色が沢山あります。
こちらのmarzipan(マジパン)はイギリスならどこへ行っても見かけるアーモンドで作る砂糖菓子。
ケーキのデコレーションに使うものですが、オックスフォードのシティセンター(街中)にあるCovered Market(カバード・マーケット)にはこのマジパン屋さんがあって、ガラス越しに作っている光景や作品を眺められます。も~、可愛くて食い入るようにガラスに張り付いているのは子供だけではなく、大人も同じ。

Oxford-Summer2012_01.jpg     Oxford-Summer2012_02.jpg
サンタクロースやスノーマンのマジパン                左端のケーキはラドクリフカメラ


こちらの写真は今年の夏に撮ったものですが、夏の時期にサンタクロースやスノーマン???クリスマスには季節的にまだ早いのでは・・・?と思いましたが、マジパンは何カ月も日持ちするものらしいです。
さすが、オックスフォード!!左端のケーキは有名なオックスフォード大学内の図書館の一部ラドクリフカメラのようです。
こんなマジパン楽しい!!


オックスフォードに関する過去記事はこちら↓
[No.1] [No.2] [No.3] [No.4] [No.5] [オックスフォード建築(Oxford Architecture)] 


オックスフォードに行かれたらCar Fax Tower(カーファックスタワー)は欠かせないポイントです。
この塔の名前「カーファックス」は ラテン語で四差路の意を表す「カドゥリ・ファーカス」に由来しているそうです。


Oxford-Summer2012_03.jpg     Oxford-Summer2012_04.jpg
カーファックスタワー屋上からの眺め

ここは街の中心(centre=センターと呼ばれる場所)でもあるため、数多くの人や自転車、車が行き来する忙しい場所です。
以前はバス停があり、各行先のバスが発着していましたが、渋滞緩和のためにバス停が移動され、久しぶりに行かれた方は迷うかもしれませんね。

オックスフォードには大学に付属するガーデンがあり、各ガーデン毎に専属のガーデナーがいます。ガーデン毎に違った雰囲気、植物、スタイル、もしくはその年によってカラーコンセプトがあるため緑は多く、癒される庭も多く存在しています。

Oxford-Summer2012_05.jpg     Oxford-Summer2012_06.jpg
クライストチャーチの入り口付近のガーデン

こちらはハリーポッターやThe Golden Compass(『ライラの冒険 黄金の羅針盤』)でも撮影に使われたクライストチャーチです。映画の撮影はこの入口にあるガーデンを進み、クライストチャーチ内(入場料要)やその奥にある芝生の場所だったようです。
皆さんもオックスフォードに行かれた時は街を散策しながら、緑の豊富さや映画の撮影場所を探し歩いても楽しそうですね。

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ