ミスルトゥ (Mistletoe=宿り木)

以前、弊社のブログ
[過去記事]でもクリスマス恒例のミスルトゥをご紹介しましたが、今日はガーデン内で偶然にも見つけたミスルトゥ【日本名:やどりぎ(宿り木)】【英名:Mistletoe】のお話。

先月のホテルグリーンプラザ白馬でのイングリッシュガーデン造成植栽工事中にマークがふとガーデン内の樹木上を見上げました。
「あっ、ミスルトゥだ!」

Hakuba_201206_32.jpg     Hakuba_201206_31.jpg

ロマンティックな風習として、ミスルトゥの下で出会った男女は口付けを交わさなければならないとかミスルトゥの下で口付けを交わした男女は結婚しなければならないという話もありますが、この話の由来は古代ゲルマンからスカンジナビアにかけて広がる言い伝えから発展しているようです。
ミスルトゥの宿っている木の下で出会った敵同士は、たとえ戦いの最中であっても、戦いを止め、互いにキス(外国流の軽いキスっていう意味ですよ!)し、仲直りをしなければならないことになっていました。

白馬コルチナ・イングリッシュガーデン内にはミスルトゥが自然に育っています。
こんな場所で結婚式を企画するのもいいですね!!
こんな素敵な場所で結婚式を挙げられるカップルって、そう滅多にはいないですよね~!!日本国内を探してもそんな偶然って、なかなかないと思いますよ!!
結婚式だけでなくともちょっと、仲悪くなったとか、ケンカしてしまった人との仲直りにお庭見学に誘って、この地に訪れてみるのもいいかも?

ハート形の芝生といい、このミスルトゥといい、このガーデンにはロマンティックなお話が続きますね✿✿✿

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ