イングリッシュガーデン造園計画(長野県白馬)2011年8月 No.1

先日、長野県にある[ホテルグリーンプラザ白馬]で計画・造成中のイングリッシュガーデンにコンサルティングで行って参りました。
昨年中に弊社デザイナーのマーク・チャップマンがデザイン、プレゼンテーションを終え、白馬の雪解けを待って、造成工事を始めました。前回、訪問した際は[前回の記事]hard landscape(構造物)の土台となる工事の途中、そのチェックとその他のアドバイスでしたが、今回は更に土の状態や水はけ、その他の工事進捗状態のチェックです。
Hakuba_201108_01.JPG     Hakuba_201108_02.JPG
ホテルのゲレンデ側の部屋からガーデンは望めます。

Hakuba_201108_05.JPG
土の状態もいい感じです。植栽時に不向きな石ころは取除いていきます。
これから、徐々に構造物へのお化粧を始めていきます。
しっかりとした構造物造りはガーデン造りの基本です。マークのデザイン通りに造成するため、スタッフも気が抜けません。

Hakuba_201108_03.JPG     Hakuba_201108_04.JPG
夏休みに入り、ホテルグリーンプラザ白馬では早朝からバルーン体験ができ、ゲレンデには色鮮やかなバルーンが出現。
朝寝坊な子供も大人も大はしゃぎです。
緑一面の素晴らしい景色にレインボーカラーのバルーンがとっても鮮やかです。

こちらのホテルではこの他にも様々なイベントが毎日催されています。
次回の記事では先月オープンしたばかりの『コルチナ・アドベンチャーランド』についてもお知らせします。お楽しみに~!!

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)

英国東部リンカーンシャー生まれ。国内4つの専門カレッジでデザイン、園芸を学び資格習得。長野県の英国式庭園ヘッドガーデナー及びデザイナーを経て、ブリティッシュクリエイティブデザイン社設立、2011年よりマークスガーデンアートを展開。(マークからのご挨拶)


英国の専門カレッジでデザイン・園芸を学び、チェルシーフラワーショー金メダル獲得メンバー等を経験。2008年入社、英国で得た知識や感動を伝えたくてブログを書く日々。好きな庭仕事は雑草取り。

ガーデンデザイン・ランドスケープデザインの提案・設計・施工・維持管理、ガーデングッズ/ファニチャーの輸入販売等を全国各地でご提供しています。

書籍:小さなスペースをいかす美しい庭づくり

月別 アーカイブ